酵素

酵素が持つ役割について

酵素とはたんぱく質の1種で、消化や代謝に深く関係しています。
食べた物はそのままでは、体内に消化・吸収されませんが、酵素の働きによって、体の中で消化・吸収される物質に変化することが出来るようになります。

このような消化に関する酵素は消化酵素とも言われていて、代謝にかかわる酵素は代謝酵素と呼ばれています。
細かく分けると酵素は体内に3000〜5000程の種類があり、それぞれが違う働きをしているので1つでもかけてしまうと体に影響を与えてしまうため、大事な栄養素の1つです。

最近では、ダイエットなどにも取り入れられることが多くなってきましたが、酵素は代謝を活発化する役割を持っているため、サプリメントや飲料・食べ物などで補う事で体内で代謝しやすい体になり、痩せやすくなると言われています。
多く含まれている食べ物は、キウイ・パイナップル・バナナ・大根・メロン・アボカド・りんご・にんじんです。

キウイはたんぱく質を分解するアクチニジン、パイナップルはブロメラニンが多く含まれていて、低カロリーでもあるため、ダイエットには強い効果を発揮する食べ物です。
果物に多く含まれているため、ミキサーなどでジュースにする事で簡単に摂取することが出来ます。

酵素青汁111選セサミンプラスとは

酵素が持つ役割について” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です